債務整理 費用 平均

債務整理の費用は平均どの位?

 

おしなり法律事務所

 

 

手続きの費用イメージ

 

クレジットカードや銀行借入、キャッシング、住宅ローンや自動車購入時のローン、ヤミ金等の利用によって、借金の月々の支払いが、結構多額になって来ている場合、新たに借りて借金の返済ができればと思ってる人も非常に多いです。

 

 

おまとめローン等どこに名前や年齢、住所や家族構成、収入や保険の種類、借入状況を書いて新規に様々なお店の申し込みに、ホームページからオンラインで入力したり、書類で審査申し込みをしても、もう新たに消費者金融等借り入れの契約をする事が出来ない状態で現在困っている方が、実は沢山いらっしゃいます。

 

 

修羅場に差し掛かってしまっている、カードの支払いに関しての電話やハガキ、訪問等の督促が沢山来てしまってる、金融業者さんへの返済の対応に困っているという場合は、基本的に一度借金をしてしまう原因を見つめなおす方が良いです。

 

 

整理して解決する方法を検討する為、信頼と信用と経験そして、実績のある法律の専門の先生にそれらすべての借金の返済について一度相談して見るのがベストでオススメの方法です。

 

 

延滞して中期的、長期的にずっと払えなくなると、1人で対応に追われながら遅延、長期的な延納してしまい、利息はずっと貯まって行きますし、借金の総額はいつまでたっても減る事は無く、今後のあなたの人生にとっても、借入先の相手(金融機関)に対しても全く良くありませんし、今後のあなたの人生、場合によっては様々な日常生活のローン等が組めないという事で家族にも影響を及ぼしてしまうのです。

 

 

その為、お近くにお住まいでしたら、面談の予約、もしくは福岡や岡山、広島、名古屋、大阪、埼玉仙台遠方にお住まいでしたら、地域に関係なく全国対応して下さる弁護士、司法書士の先生に内緒で相談して、受任して貰った場合どういう風になるのか、あなたの不安に思ってる事等、参考になる話をしてみた方が良いです。

 

 

躊躇せずに聞く事が、あなたの借金の支払いを減らす事が出来る方法になります。

 

 

もしあなたが相談して色々法律的な事を解説して貰う事で、今働いてる会社やパート先の労働に何等かの影響が出るのではと思われたりなさってるかも知れませんが、相談をして説明を受けて実際代理人になって貰って委任したとしても、実はあなた本人が思っている程これから重いペナルティ的な条件を一生背負って生きていかなければいけない事等は、一切無いですのでご安心下さい。

 

 

よくあるのが仕事がクビになるのではないか?とか専業主婦の方であれば旦那さんにバレて怒られたり離婚問題に発展したりするのではないか?とか財産を管財人等が来て差し押さえ等をして、専門の機関等に売られ、家族全員が家も無い様な生活に突然放りだされるのではないのか?とか心配なさる方がいらっしゃいます。

 

 

ですが日本の借金返済に関しての法律制度は、借金の返済で苦しくなって事件が起きたりしない様に弱い立場の人の立場を理解して、弱い人の目線で作られている事が多いですので、あなたが法的手続きをしたその後、頭の中で描いてる様子程、大変な事態になる事等ありません。

 

 

実際、債務整理をして借金を免除された方や大幅に減額して貰って支払い金額を少なくして貰って、月々の支払が楽になった方、過払い請求をした方等は昨日も沢山手続きを済まされた方が居ます。

 

 

基本的に書類を作成して貰って、知識のある弁護士さん、司法書士さんに支援して貰って手続きをして貰うと、あれだけ自分自身悩んでいたのが、最初から最後迄、トラブルも困ってしまう事も何も無く、またプライバシーもしっかりと守られ、今まで苦しかったのは何だったんだろうと結果的に、拍子抜けする感じになられる方が多いです。

 

 

そのため、それぞれの支払いが上手く返せなくなって借金の返済にかなりきついなと負担を感じていたら、できるだけ早く弁護士さんや司法書士さん等、借金解決業務をなさってる専門家にWeb上でメール相談等をして、一緒に解決して貰った方が良いです。

 

 

というのも借金の額が大きくなってきて、返済が苦しくなってくると、家計にも大きく影響してきますから、あなたのご主人や奥さん等の夫婦の間もぎくしゃくしてすれ違いが多くなって来ます。

 

 

また子供さん、ご両親等ご家族にも相当心配や迷惑をかけてしまい離婚になる可能性だって十分にありますし、子供さんがいればどっちが育てる、養育費を支払う等、子供さんにとってもあなたにとっても、その時点で大変過酷な話です。

 

 

これから家族を持つ縁談が進んでる場合も借金してて、債務者である事が理由で、結婚話もなくなってしまう事にもなりかねません。

 

 

ですので多重債務によって、もうこの辺が限界かもと、あなた自身が少し感じる状況ならば、本当に債務が貯まれば貯まる程、そういった意味では大変な状況に陥りますので、初期の段階で窓口
で相談して解決すべきです。

 

 

地獄のような状態なんて、あなた自身もたとえ単身者であっても嫌ですし、ご家族も誰もなりたくありませんよね。

 

 

どうしようもない状態になる前に、民事的な手続きや、弁護士さんに直接債権者に交渉して貰う任意整理をして、今までのお金のやりくりを含めた生活を見直しながら、以下をご覧になって返済の計画を立てて頂くのが得策です。

 

 

債務整理に関しての借金の解決方法、知恵袋では

知恵袋にも債務整理に関しての書き込みというのは沢山ありますが、多くの書き込みは借金をしてる最中に会社が倒産した、クビになって収入が途絶えてしまった等です。

 

 

基本的に法律相談をして弁護士さんや司法書士さんに、今まで返済した金額(利息や遅延損害金を含め)利息制限法で引き直して貰って残った金額を5年で返済する事が出来るのかどうかがポイントになって来ます。

 

 

5年で返済できる場合は、できる限りあなたが持ってるもの、家や車、その他財産等を手放す必要は無いのですが、5年以内に返済できる見込みが無いという場合は、自己破産を選ぶしかないです。

 

 

そのあたりは弁護士会に所属してる弁護士法人の事務所を構えた先生に相談して見ると的確なアドバイスを貰えますが、目安としてはこの5年以内に完済できてしまえるのかがポイントになります。

 

 

5年以内の分割返済は無理!という場合は自己破産を選ぶしかなく、その場合、住宅や車、その他売却すれば大きなお金を用意できそうなものは手持ちの資産を全部売りに出して、お金に換え、少しでも借入先に分配していかなければいけなくなります。

 

 

中にはどうしても車だけは手放したくない、家だけは手放したくない等思い入れのある場合もあると思います。

 

 

その場合は、手続きをしてる最中から、今後の事を見据えて5年以内に完済できるように早く仕事を探して行くというのが、ギリギリで手放す事なく残せる手段になります。

 

 

いずれにしても、債務整理をするという事は、今までと同じ仕事を同じ感じでやっていてもまた借金になってしまうだけで、結局また数年後に苦しむのはあなたやあなたのご家族になって来ますので、法律相談をして借金を少しずつキレイにしながら、今度はその様な事が無い様に、この先をしっかり考えて仕事を選んでいく必要があります。

 

 

債務整理は50万円、60万円程度では手続きできないのか?

債務整理の手続きをする際、金額が少なすぎてこの金額で手続きができるのだろうか?と思われる事もあると思います。

 

 

債務整理をするにあたり幾らから債務整理が可能というものがあるのかどうか?に関してですが、いくらから手続きができるという金額はありません。

 

 

極端な事を言えば、10万円や15万円、25万円、45万円といった少額からも可能です。

 

 

良くいらっしゃるのが、80万円位の借り入れをして借金の返済が苦しいけど、まだ自分は100万にも満たってないと思って、法的手段を択ばずに最初に決められた所定の方法で苦しいながらも遅れながら利息だけを入れ続けてる方が非常に多くいらっしゃいます。

 

 

実はこのような、上記の例でお伝えした、自分はまだこれだけしか借りてないから・・・というのは勝手な思い込みなだけで、人によっては毎日の環境が、土日だけのアルバイトしか仕事が見つからなかったり、賃金の安い仕事しか見つからなかったり、中には生活保護を受けている方も居ますから、まだ頑張らなきゃいけないと思って頑張り続けるのは非常に良くない事です。

 

 

債務整理の費用の平均を知りたい女性の方も多いです

実は数年前迄「主婦」は1つの仕事と審査されている傾向が強く、旦那さんの収入見込み等も考慮して主婦の女性の方が借りれるケースが多かったのですが、法改正で年収の3分の1しか貸付をしてはいけない事等が決まり、主婦で今まで借入が簡単だったのが非常に審査が通りずらくなって来ました。

 

 

その為、今までTV等で宣伝してた消費者金融等も、主婦の方が今まで増額できてたのが増額できなくなったり、あらたな借入先に最近の借り入れ状況や住所名前等を書いて申し込んでもなかなか審査が通らない規制が入る様になりました。

 

 

そうなって来ると、今まで数千円の返済で良かったので、あっちからこっちとどうしても返済できない時は自転車操業してた方々も返せなくなってしまって資金ショートしてしまうパターンが多く相談者が殺到しています。

 

 

女性の方でも沢山の方々がこのページを参照し、弁護士さんの公式サイトで相談されてる事が多いので、各県どの地域にお住まいでも下記の弁護士さんや司法書士さんなら、対応してくれますので、とりあえずひとまず相談してみて、法的手続きをしたら残りの残債の差額はどれくらいになるのか等、債務整理を得意とする法律相談の先生に聞いてみた方が良いです。

 

 

債務整理は弁護士さんに頼むべきか?司法書士さんに頼むべきか?

一般的には弁護士さんに頼むか、司法書士さんに頼むかという話になりますが、司法書士さんが解決できるのは、借金の総額140万円迄という裁判の事例判決が出てます。

 

 

また代理であなたの代わりに訴訟したり、裁判に出たり、あなたの代わり(委任契約)をする事ができませんので、依頼時の価格も弁護士さんとさほど変わらないです。

 

 

法テラス(日本司法支援センター)等の法律相談窓口に行くと、法テラスは無料相談ができますが、相談しただけでは何も解決しませんので、そこから司法書士さんを紹介して貰う事になり、そこから先はもちろん有料になります。

 

 

その際、費用を捻出する事が出来ない場合は、民事法律扶助と言って手続き費用を借りる事を申請する事もできます。

 

 

この民事法律扶助は、返さなくていいお金ではありません。

 

 

民事法律扶助を使って司法書士さんに依頼して免責が下りたら、その後返済していく必要があります。

 

 

ただ、裁判所の手続きの許可が下りても生活保護受給者だったりした場合に限り、申請すれば、民事法律扶助を免除される事もありますので、借金に困って手続きの費用も無く、一生借金が追いかけて来るなんて事はありません。

 

 

もちろん払える分は払った方が良いのですが、本当に無理な場合は、ダラダラ延滞して支払い続けるのではなく、負債額を全部一度洗い出して、司法書士さんや弁護士さんに相談して、手続きの費用が無いなら、援助を受けたりしながらでもちゃんと債務整理をして、借金に一度ケリをつけた方が良いです。

 

 

比較的借入れ件数が2つ〜3つ位しか無い、借金の総額は140万円以下、借り入れ先は大手という場合は比較的手続きがややこしくなく司法書士さんがお勧めです。

 

 

ですが、借り入れ件数も2〜3件以上の複数で、借入れ金額も140万円以上の少額では無い、個人や会社の消費者金融、商工ローン、銀行等の商売の資金の借り入れの場合は、債務整理の手続きというのは非常にややこしいく複雑です。

 

 

時には、破産管財人が入ったり、管財費用が掛かったり、個人再生、民事再生、特定調停、破産等になれば、裁判所に何度もいく必要も出て来る為、債務整理の実績が多数ある借金関連に強い弁護士さんに、お願いするのが結局最終的に安くて早くて、安心だったりします。

 

 

とはいえ、じゃあ弁護士さんに依頼した場合、債務整理の費用は平均が幾らくらいかかるのか・・・債務整理の手続きを考え出した時に、実費はいくらいるのか?合計いくら位なのかある程度は分かってないと連絡しずらいですよね。

 

 

ですので今回は、その債務整理の費用の平均、最新版を公開しました。

 

 

また手続きに関しての基礎的な内容を記載していますので、チェックしてみて下さい。

 

 

あくまで債務整理の費用の平均で、一般的な価格ですから、依頼する件数や金額によってすべて、実際の費用は前後します。

 

 

ですが、程度目安の金額はお分かり頂けると思いますので、どの方法が良いのか徹底して比較して、一番適してる選び方ができます。

 

 

また正直どの方法が良いのか悩むという場合でも、しっかりと法律の専門家の先生がこれが良いですよと、おすすめの一番ベストなやり方を、それぞれアナタにアドバイスして提示して下さいます。

 

 

債務整理は文字通り債務を整理する事なのですが、その方法は全部で4種類あります。

 

 

債務整理をする際、その区別も分かる事であなたにとってどの債務整理を適用させればいいのかもある程度分かっておいた方がいいですので、早速その種類とともに、最新費用はいくら位かかるのかの相場をご確認下さい。

 

 

自己破産の場合

自己破産は借金をした全額の支払いが困難な為、原則、借金を無しにする対処法です。

 

 

自己破産は借金が全て無くなりますが、具体的な話をすると、少しペナルティがあります。

 

 

まず大きな財産がある時、家、車、株式等を売りに出して財産を算出し、売りに出す必要性がある場合がありますので、この部分がデメリットの部分でもあります。

 

 

財産が無いかどうか、事業資金や資産等をどこかに隠していたりしないか等、調査されるのですが、財産も保証人も無い場合、差し押さえをしても大してまとまった何十万、何百万の金額に相当するものが無いという場合の手続きは、そんなに困難では無い傾向にあります。

 

 

弁護士さんに委任すると、同時廃止となりそんなに待たなくても申請をして、スグに免責が下りて、破産手続きが完了する事が多く、法律の規定により、借金の返済が一気に無くなります。

 

 

何より弁護士事務所に頼むと、平日裁判所に出向かないといけない時も、代理人はやって貰えるし、普通に手続きが早く3か月位で終わってしまい費用対効果が高いです。

 

 

財産がある場合は財産は管理され、債権者にこれだけ財産があると通知され、均等に分配されます。

 

 

債務整理の費用の平均(破産の場合)大体の相場は、金額にもよりますが、最も破産する人が多い金額枠は、借り入れ金300万円〜600万円前後の場合が割合的に多く、平均相場の料金は、35万円前後から60万円前後です。

 

 

ですが財産があるとか、パートナー、友人、義母や義父等に保証人になって貰ってるとか、一人ずつ細かい部分は違いますので事前に相談の際伝えておいたが良いですし、、借金の状況やどの裁判の方法を選ぶかによっても、内訳は少し変わって来ます。

 

 

また万が一保証人になって貰って手も、同時に手続きを行うと良いので、あなただけが破産して、保証人に代払いさせる事になったらどうしようと言った事には、同時に手続きをするとならないので、心配しなくても大丈夫です。

 

 

もちろんあなたが破産して同時に破産するかどうかは保証人さんの問題ですが、そのあたりはあなたと保証人さんの関係性もあるので、しっかり相談してもし払えないという事でしたら、弁護士さんにひとまず話をして紹介してみると必ず解決できます。

 

 

またよくある質問で、自己破産をするともう、一生借り入れができなくなるとか、戸籍を取り出したら、住所等の横に破産した事が追加記載されて、消えなくなるのではと思われる方が結構居ます。

 

 

実際、YAHOO知恵袋などでもその様な質問投稿を見かけますし、それに対して回答してる記事をみかけますが、その様な一生背負っていかないといけない制限や制裁やルール、処分等は、特にありませんのでご安心下さい。

 

 

また破産をすると官報に掲載されますが、そもそも官報を取り寄せて読んでる人は市役所で公務をなさる方位しかいないので、官報から友人や会社の人達にその記事元から私が裁判所で借金の手続きをしてる事が、バレるのではないだろうか?という心配もほとんど無いです。

 

 

また実際近くの役所等の機関で働く方がその事を知ったからと言ってそこから、法的手続きをしたなんて漏れてしまった事故等、今まであった試しがありません。

 

 

あと注意しておかないといけないのは、破産の申立て手続きをしてて、裁判所に書類を出して手続きをしてる最中に、新たに借り入れをしたりしてる事が、アコムやアイフル、プロミスやレイクその他ネットで借りれる街金等にバレてしまうと手続きが中止になったりしますので、最低でもその期間に借りない様になさっておいて下さい。

 

 

ばれてしまって裁判所等に通報されたりすると、破産が認められなかったりしますので、そうなってしまったら、せっかくの再起のチャンスが水の泡になってしまいますし、またそれを知った貸主達が一気に、高額の一括支払い等を求めて、あなたに取り立てに来ます。

 

 

ですので、破産の手続きをしたら、人生で1度しかできない再起のチャンスを手に入れようとしてる訳ですから、もうよほどの事が無い限り『二度と借金で失敗するものか。』という位の決意で、破産が成立しても、できる限りもう借りない方向で挑んだ方が良いです。

 

 

特定調停の場合

特定調停の流れは、簡易裁判所に申告をして、債務整理が開始されると、調停委員の方々に入って貰いながら、借金の支払いを貸金業者さんと相談します。

 

 

もちろんこの際、弁護士さんに依頼すると代理人として代りに行って交渉してきてもらう事ができます。

 

(司法書士さんの場合は、裁判所にあなたの変わりの代理人になる権限が無いので、あなた自身が裁判所に出向いて行かないといけなくなりますのでちょっと面倒な印象がある方が多いです。)

 

 

あなたが支払いを始めた期間の取引最初からさかのぼり、支払った元金や利子を含め、全ての取引履歴から、利息制限法の金利で一つ一つの支払いを計算をし直します。

 

 

ただ特定調停にもデメリットがあって、その際にあれっ・・・払い過ぎてるなぁ・・・。と判明した場合に返金を請求する迄は、特定調停には入っていません。

 

 

あくまで、支払いの相談を仕手どうやったらスムーズに払えるのか規程の方法で相談をする方法です。

 

 

債務整理の費用の平均(特定調停の場合)は、まず収入印紙代や切手代、等で、受付して貰う書類作成に7500円は確実にかかります。

 

 

また裁判所迄いく為の交通費も、1回1000円位は見ておいた方が良いです。

 

 

これがまず絶対にかかる費用です。

 

 

そして、その手続きを弁護士に依頼する場合、通常ならば弁護士さんに1回相談するだけでも、たとえ30分でもお金がかかります。

 

 

ですが、借金の支払いに関して無料相談を受け付けて下さってるところも沢山ありますから、無料相談を受けて下さるところの方が、見積もりを出して下さる際も、後払いを受けて下さるケースもあったり、後々良心的だったりします。

 

 

また弁護士さんや司法書士さんに頼む場合、着手金が要る場合があります。

 

 

法律事務所によって違うのですが、1件につき幾らという計算になり、件数が増えれば着手金は増えて行きますから、10件の借り入れを特定調停で相談したい場合は、1件当たりの金額×10件分の金額を業務を行う上で請求なさるところが多いです。

 

 

もちろんこの着手金を初めから全額現金でスグに払える位なら、とっくに借金の支払いができる事は弁護士さんも理解していますから、この30万、40万、50万といった費用分を分割払いを受け付けて事務所を運営なさってる方が多いです。

 

 

この費用が掛かる位なら手続きを自分でできないのか?と思われると覆いますが、調停の手続きをする迄に書類をそろえないといけないものが多く、申請をしても、財産の状況等を報告する書類をまとめないと申し立てができませんので調停の場合も一括して弁護士さんに一任した方が楽です。

 

 

あなた1人でやった場合は、調停をしたいと裁判所に出向いただけでは、あなたに対しての支払い督促は止まりません。

 

 

実際、ひどい取り立てを体験された場合もあるかと思いますが、きっちり書類を出して事件番号が付いて受理されるまで、最初の準備からかなり時間がかかります。

 

 

更に、支払いの相談をする為に何度か日中裁判所に出向く必要がありますから、なかなか会社勤めの人が日中頻繁に仕事を休めない場合が多く、多くの方が日本弁護士連合会(日弁連)に所属してる弁護士さん等に依頼されます。

 

 

個人再生の場合

個人再生は自己破産せずに済む様に作られた制度で、支払いが大きく滞って、にっちもさっちもいかなくなる前に申請する制度で、大きな特徴としては5000万円以下の借金でないといけない事と、今後確実に支払い能力が見込める場合にしか適用されません。

 

 

家等大きな財産がある場合も売りに出す必要も無く、借金を少なくしてもらう事ができます。

 

 

武富士等が閉店する前あたりから、この個人再生をする方も非常に多くなってきました。

 

 

債務整理の費用の平均(個人再生の場合)、30万円から50万円(税抜き・税別)位かかるのが相場です。

 

 

これが弁護士を付けず自分でやろうとした場合は、個人再生委員という裁判所選任の個人再生委員がほとんど付きます。

 

 

更に書類作成が大変だったり、何度も裁判に出たりしないといけないので、普段仕事をなさってる場合等は特に、自由が効かないですし、仕事の規律もそれぞれありますから、現実的ではありません。

 

 

また東京地方裁判所は、必ず個人再生委員が付きます。

 

 

この時、予納金が必要になり、別途20万円前後かかります。

 

 

予納金の支払いは半年間の間に、これらの費用を払い込む必要があります。

 

 

任意整理の場合

任意整理は裁判所を通さずに弁護士さんや司法書士さん等に依頼して支払いを相談する方法です。

 

 

債務整理の中でも任意整理はリスクが小さく、メリットが大きいです。

 

 

まず裁判所を通さない為、事件番号等が付かず仕事等にも制限が入りません。士業等をなさっていて、資格を失いたくないという場合等もあると思いますし、他の手続きを選べば、離職をしないといけない職業についてる場合でも、仕事に制限が入る事はありません。

 

 

また任意整理を始める際、始めに利息制限法の金利に引き直される為、借金の返済が減る事がほとんどです。

 

 

また支払いのスパンを長くしていきますので、毎月の払金も小さくなり無理なく払えるのが特徴ですし、お金を貸した方も、裁判に持ち込まれて弁護士費用が余計にかかってしまったり、債務の処理が長引くのは大変なので、弁護士さんが任意整理の仲裁に入ると、すぐに和解する方針のところがかなり多いのも弁護士さんに委任するメリットでもあります。

 

 

また債務に保証人になってもらった人が居る場合は、保証人の事も考慮に入れるべきです。

 

 

あなたが任意整理をする事で、保証人に請求が行く様になります。

 

 

もし保証人が付いている場合は、保証人さんも一緒に任意整理の手続きをすると、保証人の返済義務もなくなります。

 

 

債務整理の費用の平均(任意整理の場合)は、着手金が1社あたり3万円から5万円が相場で依頼する司法書士さんや弁護士さんの事務所によって設定されています。

 

 

1万円や2万円の着手金で良いというところは滅多に無いです。

 

 

主に3万円、4万円、5万円位の着手金ですと言われる場合は至って良心的な相場だと思って貰って大丈夫です。

 

 

弁護士さんの1件当たりの着手金が高い場合、成功報酬が少ない場合もありますし、着手金が少ない場合は成功報酬する事でトータル的なバランスを取られてる弁護士法律事務所がほとんどです。

 

 

債務整理の費用の平均相場を知って、任意整理を検討する際のメリット

任意整理のメリットは自分一人で、任意整理をしたいんだけどと借入先に相談に行っても相手にして貰えないのですが、弁護士さんや司法書士さんを通すと、スグに支払いが止まり、また借入金額の返済を、特別に法定利息での金利引き直しが行われるので、大幅に元金が減るか無くなる事が多いです。

 

 

また法廷金利に引き直して、今後5年間で支払っていきますという場合も金利も安くなりますし、月々の支払金額も低額になる為、今まで貸付して貰って毎月借入先に送金やATM等で支払ってた金額と比べると、月々の支払金額が非常に少なくなるのもとても大きなメリットです。

 

 

また今まで返済を続けてきたいわゆるグレイゾーン金融や闇金等に関しては弁護士や司法書士さんが介入する事で、ほとんどの督促が止まります。

 

 

向こうも商売ですから、これ以上の督促をすると、法律の専門家を相手に民事、刑事で罰せられる可能性が上がる事を知っていますので、よほどのことが無い限り、貸付金を十分利息で返済してる様な額なら督促が止まるところがほとんどなところが任意整理を検討するメリットとしては大きいです。

 

 

あともう一つ言うならば、借り入れ先に実際任意整理の手続きをすると、実際法廷金利に引き直しもっと長いスパンで返済していける様になり、また任意整理をした事は情報機関に載りますが、信用情報機関に任意整理をしたという情報が載る期間が、裁判所を通した時と比べ(裁判所10年)、半分の約5年間でその情報は消えます。

 

 

従って、5年が経った段階で借金がほとんど返済しきってる状態であれば、今後商売する為の銀行や商工ローン、クレジットカードやキャッシング等が再度できるようになるというメリットがあります。

 

 

5年間は信用情報機関に登録されますが、裁判所を通した、個人再生、民事再生、特定調停、自己破産等と比べると約半分の期間で済む為、この任意整理の手続きが最も社会的ペナルティが無い、借金返済の解決の仕方になります。

 

 

過払い請求の場合

完済をしてる等過払い時、そして返済中等に過払いが発生してる事が判明した場合、過払金
請求のも考慮した上で最初にかかる着手金が、一部変わります。

 

 

返済中の場合は弁護士さんへの通常の債務整理 費用 平均額がかかるのとは別で、過払い請求額に対して、一律で決まってる訳ではなく、成功報酬が回収した金額の平均20%とか25%とか決められてる事が多いです。

 

 

過去に支払いが完了してる場合は、過払い請求をする段階で過払い請求にかかる報酬の請求が来る事は無い事が多く、弁護士さんに回収額の25%とか30%とか費用をお支払いしても、後の7割程度の返還金はあなたのものとなりますから、過払い請求ができる様であれば、スグに合わせて過払い金返還請求をする事が可能です。

 

 

支払いが終わった時期が、今からまだ10年が経過して無ければ、過払い金の請求をする事ができます。

 

 

 

まずは相談してみるのが、あなたの今の困難な状況を解決する安全な最短コースです

おおよその相場は上記の各ポイントをご覧になられて、お分かり頂けたと思いますが、あくまで相場の金額です。

 

 

どの方法で弁護士さんに頼むか、まずは一人で悩み考え込んでいても解決しませんので、初回
相談の問い合わせをスグにして見られる事をお勧めします。

 

 

以下のおしなり法律事務所は、最初は匿名でも相談できる弁護士さんで、かなり評判の良い先生です。

 

 

先生は馬屋原先生で、登録番号:第28046号の先生となります。

 

 

全国的な借金解決のお手伝いに進出なさってる先生で、あなたの借金の状態を親身に相談を受ける事を大切にしてる先生で、総合的に確認してくださって、最高に良い解決方法を提案してくれます。

 

 

相談される際には、今これだけしか手元に無くてとか、次の年金迄待たなきゃいけないとか、精神的にも参ってしまって病院に通院してるとか、色々な状況があると思いますが、しっかりと診断して相談してみるとあなたにとって最も良い解決方法を教えてくれます。

 

 

また払い過ぎた分を過払い請求する際はシュミレーションして、どの位借金をカットできるのか等表示して下さいますので、手続きを依頼するかどうかを判断する判断材料にもなります。

 

 

一度気軽に以下のページから無料相談を使用して気軽に相談なさった方が良いです。

 

 

依頼するとなった場合でも、あなたがかなり地方に住んでても、全く問題なく最速で安全に安くあなたの借金問題を解決してくれます。

 

 

おしなり法律事務所

 

 

 

 

地域別の債務整を相談できる、良心的な注目の司法書士、弁護士事務所

 

関東